FC2ブログ
K思う。自分の事、友達の事、彼氏の事、社会の事。             K考える。だけどさっぱり分からない。 だって所詮は…






プロフィール

K

Author:K
【趣味】
洋画鑑賞、妄想を書き殴り、他。

【 愛 】
FF7の神羅カンパニー。LENO氏溺愛。

【一言】
まぁ…なんの取り得もない
隠れ腐女です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



PET



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の植民地支配擁護行為を処罰
■日本の植民地支配擁護行為を


  処罰する法案を推進



かなり古い記事ですが…2005年3月20日の朝鮮日報の記事。
アクセスランキングで上がってたのを発見。

内容は、

もうそのまま。親日発言すると処罰されるというもの。



この変がもう表現の自由とか、言論の自由を弾圧していると思うんですがね…民主主義とか言ってる割に…公的権力による民衆の弾圧が…


こんなんじゃ向こうで親日発言は誰も言えなくなります。
つまり、韓国との歴史そのものの話ができなくなります。


へぇ。こんな事やってたんだ…。ともうあきれ返っているKです。


やはり、日本と韓国の友好を拒んでいる、妨害しているのは韓国です。


それなのに…


こんな事を堂々と言うなYO!!!




○韓日両国、これからは未来を語ろう

小泉純一郎日本首相の靖国神社参拝をめぐって日本と韓国および中国間の対立はこれ以上時間をかけられない状況に至っている。

韓日関係に限ってみれば歴史教科書と独島問題だけでも手いっぱいだが、対立を収める責任のある日本の首相が、火事が起こった家に油を注いで紛乱を増幅させている。太平洋戦争が終わってから60年が過ぎた今日まで一衣帯水の関係にある隣人同士が過去に縛られて今後の両国関係を暗くしていることは、まったく反歴史的だといわざるを得ない。

こんな現実を見て、まず日本に言いたいことがある。日本は戦後50年が過ぎた後、自分たちが犯した過去の過ちを認め、反省し、謝罪するいわゆる「村山首相談話」を発表した。村山談話はその後に政府の公式の立場として定着し、機会ある度にあちこちで引用されてきた。

したがって日本は当然、村山談話に忠実でなければならないはずだ。しかし過去10年間、日本政府と政界はこの談話の精神から逸脱して後退していく言動をし、韓国と中国を刺激してきた。残念千万という言葉しか浮かばない。

小泉首相以前にも靖国神社を参拝した首相がいた。しかし韓国と中国の力強い抗議があった後で、神社参拝を慎んでいる。

村山談話の後、首相に就任して談話に忠実に行うと約束した小泉首相が韓日関係と韓中関係の悪化を冒し、神社参拝を強行することは理解ができない。小泉首相を支持する日本国民の多数も首相の靖国神社参拝は支持しないと言っていないか。小泉首相の目には韓日中友好協力関係を通じ北東アジアの平和と安定と繁栄は眼中にもないのか。

小泉首相の日本を対するわれわれの姿勢について2つ言いたい。日本との関係を見るわれわれの視野を広げなければならない。

第1に過去、われわれに苦痛を抱かせた日本を憎悪するだけに止まってはいけない。われわれは過去を鏡とし、日本が決して見下すことのできない国、むしろ心から尊敬しなければならないと思う国になるよう努力を傾けなければならない。

第2には日本を共生しにくい隣人として見るのではなく、いろいろな面でわれわれをサポートしてくれる隣人として見る必要がある。実際にわれわれは日本から学ぶことも多く、得ることも多い。より豊かな心と肯定的な目で日本を見ながら接していこうというのだ。

もちろんこのような姿勢は日本にも要求されるだろう。

過去を振り返れば、終戦後20年になる年に不幸だった時代を自ら経験した世代の手で韓日間国交正常化が成立した。これに向けて両国のリーダーが共に努力はしてきたが、苦痛を受けた韓国側の決断の方が難しかったのではないかと思われる。前に進むために過去にばかりエネルギーを消耗するのではなく、今日と明日のために決断をしたのだ。

そしてその後も過去に関連する問題で両国間に紛糾が数えきれないほど多かったが、両国は国益のための実用主義的立場で葛藤を乗り越えながら韓日関係を目を見張るものにまで発展させてきた。

今、韓日関係は広範囲な分野において目の細かい網のように広がっている。ある1分野が緊張するとそこだけエネルギーが注がれ、韓日関係全体が緊張する境遇ではないのだ。

今まで何度となく強調されてきたが、韓国と日本はもう不幸だった過去は胸の奥深くにしまい、現実問題が過去に縛られる事態を許容してはいけない。重要なのは過去ではなく未来だ。

神社を参拝する小泉首相と麻生太郎外相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)に来る。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と潘基文(パン・ギムン)外交部長官が豊かで肯定的な心で彼らを迎え、韓日関係とアジアの未来を論議する姿を見たい。

キム・テジ前駐日大使





…どうですか!!どうですかコレ!!!

ホントニ韓国に残念千万としか言え無いね≧(´▽`)≦
これが前駐日大使の話なんて…orz


歴史問題を歪曲しているのは韓国なのに、正しく見直そうという動きを法律によって押さえつけ、国内でも無きモノにし、そして歪曲された歴史を日本に受け入れろと…


『第1に過去、われわれに苦痛を抱かせた日本を憎悪するだけに止まってはいけない。』


何か友好国とか言ってるのに…凄い憎悪されてるみたいですYO!



『われわれは過去を鏡とし、日本が決して見下すことのできない国、むしろ心から尊敬しなければならないと思う国になるよう努力を傾けなければならない。』


どっちかと言うと、戦後の韓国の態度から、今見下されているんだとKは思うのですが…そして、尊敬されるようにいくら努力しても、努力の仕方が大幅に間違っていたら。。。。
こんな国を尊敬しようなんて思う国は世界中どこを探しても永遠に現れないでしょうι


『第2には日本を共生しにくい隣人として見るのではなく、いろいろな面でわれわれをサポートしてくれる隣人として見る必要がある。』



謝罪と賠償を声高に叫んでお金を出させるニダ!




『実際にわれわれは日本から学ぶことも多く、得ることも多い。より豊かな心と肯定的な目で日本を見ながら接していこうというのだ。』


…何と言う高慢ちきな…

「我々は心が豊かで広いから、こんな日本でも受け入れてやろうと言っているのだ」

と、とってよろしいですか?(爆


技術は盗め!文化も盗め!!竹島も手に入れろ!!

日本の全ては韓国のモノニダ!!


ってか?


『両国のリーダーが共に努力はしてきたが、苦痛を受けた韓国側の決断の方が難しかったのではないかと思われる。』


(∩゚д゚)?

苦痛なんて何時何処で受けたんですか?戦勝国気取りで日本にやりたい放題してたら連合国に怒られたのが苦痛だったんですか?



『韓国と日本はもう不幸だった過去は胸の奥深くにしまい、現実問題が過去に縛られる事態を許容してはいけない。重要なのは過去ではなく未来だ。』


いつも過去を引き合いにだしているのは韓国だと思うのですか(´・ω・`)?



『韓日関係とアジアの未来を論議する姿を見たい。』


…ホントデスネ(´・ω・`)



豊かで広い心…が聞いて呆れます。



余談>>

○短歌の起源は韓国に有り!的記事

孫さんは生前に4年間、日本留学時代を除いてソウル弼雲洞(ピルウンドン)の韓屋で韓国の伝統衣装を着て並んだ味噌のかめを眺めながら短歌を作ったと言われる。その数2千に及ぶ。短歌に込められた源流は韓国にありという思いで短歌にはまったのだという。短歌の原型は郷歌(ヒャンガ)という考えからだ。





…(∩゚д゚)

短歌にハマッた理由を見てください。


『短歌に込められた源流は韓国にありという思いで短歌に…』


…はまり方マチガッテル。この方良くはしりませんが…日本の短歌会でもかなりの有名人らしいです。ハマリ方の部分が中央日報の嘘・歪曲報道なのかどうかは分かりませんが…



短歌は日本の伝統文化です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mykpooh20.blog22.fc2.com/tb.php/57-5a5b3591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。